歴史は繰り返すという古い諺は、まったくそのとおりである。歴史から学ばなければ、同じことを繰り返す羽目になる。現在、多くのデータ
データセンターは常に周期的に発展している。初期のデータセンター(コンピュータ室)で は、コンピューティングサービスはメインフ
new figure one.tif
図1:トップオブラック –ポイントツーポイントコネクション
図1、ラック1はケーブリングシステムでないスイッチポートとサーバー間のToRパッチングシナリオ。ラック2とラック3接続は、やは
図2:ラック/機器キャビネット列 — セントラルパッチエリア エニーツーオールケーブリングシステム 例
Visio-whitepaper graphics-1.tif
赤ライン(ファイバー接続)はすべて、セントラルパッチングエリアの1カ所に接続される。これによってファイバー接続が必要な機器を他
2ページ  
Siemon new logo 2003.tif
www.siemon.com
FN99807-IMG03.eps
Back to Front - Doors Open.tif
POINT TO POINT
Picture 2.tif
トップオブキャビネットスイッチポイントツーポイント サーバー
コアスイッチ
ラック1
銅 線
ファイバー
ラック2 – 3 (1枚のブレードが1ラックをサポート)
コアへ(ファイバー)
プライマリー  スイッチ
セカンダリー スイッチ
ブレードサーバー キャビネット
プライマリー  スイッチ
エニーツーオールパッチング
コントロールパッチングエリア
プライマリー  スイッチから
サーバーから
セントラルディストリビューション エニーツーオール
 青ライン = 銅 線 赤ライン = 光ファイバー
データセンターのケーブル配線問題: ポイントツーポイント(Point to Point)配線と ストラクチャードケーブリング
1ページ
2ページ  
1ページ