プラグアンドプレイMPO/MTP
アッセンブリの詳細

インターネットオブシングス(IoT)とビッグデータの普及に伴って、多様なソースからの大量か つ複雑なデータを処理するために、データセンターのスイッチツースイッチバックボーンリンクの中で帯域幅を広げるとともに、伝送速度を10ギガビット毎秒(Gb/s)から40Gb/s、100Gb/sに 高める必要が生じています。光ファイバー関連の新しい技術や規格のおかげで、より容易に、より費用効果的に、より簡潔に高速ファイバーバックボーンリンクを展開できるようになりました。

  • 任意の4社とシーモン社製品のサンプルテスト

  • 端面形状、目視検査、端面清浄度、光学性能
    器械的信頼性の検査

  • 廉価な製品に潜む大きなリスク

 
 
シーモン社について

1903年に創業したシーモン社は、世界トップクラスの企業にデータセンタ、通信室等のローカルエリアネットワークや 、インテリジェントビルディングシステムに不可欠な高品質で高性能な通信システム、ケーブリングソリューションとサービスを提供する実績を持ち、それらの専門性の高いコンポネンツを設計・製造するリーディングカンパニーです。米国コネチカット州に本社を持ち世界100カ国の主要都市にセールス、技術、ロジスティックの専門家を配し、カッパと光ファイバケーブリングシステム、キャビネットを含むラックシステム、ケーブルマネジメント、データセンタ電源コントロールシステムと冷却システムそしてインテリジェントインフラマネジメントソリューションと幅広く通信システムを提供しています。また、配線システムに関して400以上の特許を取得し 、シーモンラボでは研究開発と業界の規格や標準化の発展を重視し、絶え間なく投資を繰り返し長期的な視野で通信業を通して幅広く顧客と通信業界の発展に寄与しています。

 Follow The Siemon Company

  RSS  Fb  Tw    Google+  Yt  Fr  

 

 

ザ・シーモン・カンパニー

日本・東京オフィス

info_japan@siemon.com

www.siemon.co.jp